本と出会うために、私が利用しているオンライン書店をご紹介。気になった本はオンライン本棚でチェックするとなお良いと本の虫が言っておりますよ。
オンライン書店
書店の今

本の虫はインターネットの空を飛ぶ

本屋に行くのが好きです。できることなら本屋に住みたいくらい。

今だと、オンライン書店があるから、自宅に帰ってオンライン書店を眺めるだけでも心が満たされた気分になって疲れも吹っ飛んでしまいそう。

本のレビューサイトを眺めたり、オンライン本棚を揃えたり、休日はそれで1日が終わるときもある。

家の本棚、オンライン上の本棚、私の本の虫は住むところを選ばないのかもしれない。

この世の中で本物なのに数百円で買えるものは本ぐらいだと誰かが言っていた。

本物と出会うために、私が利用しているオンライン書店をご紹介。気になった本はオンライン本棚でチェックするとなお良いと本の虫が言っておりますよ。

オンライン本棚

ブクログ

ブクログBooklog)は、株式会社ブクログが運営している仮想本棚を作成できるwebサービスである。2004年9月15日にpaperboy&co.の創業者である家入一真の個人サービスとしてスタートし、2009年10月8日より株式会社paperboy&co.の正式サービスとなった。2012年6月1日より意思決定・サービス提供の迅速化を目的として、ブクログとその姉妹サービスであるパブーの運営部門を株式会社ブクログとして分社化した。

本棚を模したインターフェースに書籍情報を登録し、オンラインで蔵書管理やレビューを行うことができる。また、同じ本を登録した他の利用者のレビューを閲覧するなどのコミュニティー機能もある。各種アプリもリリースしているため、PCの他に、携帯、Android携帯、iPhone、iPadでの利用も可能である。

2010年現在で、登録ユーザー数29万人、登録アイテム数1700万点以上であり、、CDなど本以外の物も登録できる。自分の本棚に対してAmazonアソシエイトIDを登録することも出来る。

サービスの主な略歴
ブクログ大賞

サービス終了:ISIS本座

サービス休止のお知らせ

ISIS本座会員のみなさま

謹啓
時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

このたび、2009年11月25日より運営してまいりましたブックウエア
ポータルサイト「ISIS本座」のサービスを、来る9月30日をもちまし
て休止することとなりました。
「ISIS本座」が掲げてきました、「本」をめぐる人・物・事との多
様で新しい関係の発見という試みにご期待いただき、ご利用いただき
ました会員ユーザーのみなさまには、感謝の念に堪えません。残念な
がら「ISIS本座」はいったん休止といたしますが、今後とも編集工学
研究所は、新たな共読環境の創出という理念を堅持し、その実現を目
指していく姿勢に変わりはございません。

スタートしてから約1年10ヶ月の試行錯誤の中で培った最大の成果で
ある、みなさまとのご縁を拠り所として、今後とも共読社会の実現に
むけての次のステップに邁進していきたいと思っております。引き続
き、編集工学研究の「本」と「読書」の世界を再構築するブックウエ
アの試みにご期待下さい。

略儀ではございますが、まずは書面をもちましてサイト休止のお詫
びとご挨拶を申し上げます。なお、「ISIS本座」休止に伴います、会
員ユーザーのみなさまへの具体的な今後のサポートに関しましては、
このあと運営事務局よりご連絡申し上げます。

敬白

2011年9月1日
編集工学研究所
代表取締役社長 小城武彦

電子書籍と印刷物

もう随分前の話になるが、モニタ上で見るよりも、紙で確認したほうが間違いに気づきやすいのはなぜかという議論が盛り上がった。研究結果は以下だ。

マクルーハンの説明はこうです。紙に印刷して読むとき──つまり、反射光で文字を読むとき、私たちの受容モードは自動的に、そして脳生理学的に「分析モード」になり、心理的モードは「批判モード」に切り替わる。したがって、ミスプリントを見つけやすい。

反射光とは、本のページを読むときのように、紙に反射して、そしてインクが染み込んだ文字を浮かび上がらせて私たちの目に飛び込んでくる光をいいます。

分析モードとは、スキャナーが文書や画像の全体をスキャンするように、ドット単位で読み取っていくような情報の受け取り方をいいます。批判モードとは、能動的にチェックしつつ取り込んでいくような情報の受けとめ方をいいます。

これに対し、透過光とは、テレビを見たり、コンピュータのモニター画面で何かを見たりするときのように、ブラウン管やモニター画面から発せられる光線が、私たちの目に映像として入ってくるものをいいます。この場合、私たちの認識モードは、自動的にパターン認識モード、くつろぎモードに切り替わります。

パターン認識モードとは、細かい部分は多少無視して、全体的なパターンや流れを追うような読み取り方をいいます。分析モードの対極にあるもので、多量の情報を短時間に処理しなければならないときは、このモードになりやすいといえます。

くつろぎモードとは、あらゆる刺激に対して感覚器官を開放し、受動的に、送られてくるものをそのまま受け止めようとするような情報の取り込み方をいいます。

ここから、私たちが透過光で文字を読む場合は、何となく全体の流れを追うだけになってしまい、細部にあまり注意を向けることはできません。したがって、ミスプリントを見逃してしまうということになります。

反射光と透過光の特性の違い
反射光 透過光
映画、印刷物 テレビ、モニタ
目がテレビカメラ 目がスクリーン
文字、左脳、理性的 絵柄、右脳、情緒的
分析モード
批評モード
パタン認識モード
くつろぎモード
Amazon Kindle
楽天kobo
iPad
Androidタブレット

つまり、発光型デバイスであるモニタを見るときには、脳はパタン認識・くつろぎモードになるため、文書を見ても全体を絵柄として捉え細部に注意がいかなくなり、ぼんやりとくつろいで見ることになり間違いに気づきにくくなる。一方、紙にプリントアウトすると、それは反射光となるため、脳は分析・批評モードに切り替わり、文書を細部まで細かくチェックすることが可能となる。そのため、間違いに気づきやすいというわけだ。文章をチェックするときに、一旦紙にプリントアウトして見ることは、理に適った行動なのだ。

お近くの本屋さんへ
TOPへ